スロートレーニングのメリットとは?

MENU

スロートレーニング:ニーリフト

「5分でできる基本のスロートレーニング」

 

今日はニーリフト(ニートゥチェスト)です。

 

 

■ニーリフト 効果的な部位:腹直筋・腸腰筋(お腹と下腹深部)

 

 

スロートレーニング,筋肉,筋トレ,ストレッチ

椅子に浅く腰掛けて、座面の後ろ側を掴んだ状態で足を前方に伸ばして、かかとを床から浮かせます。

 

 

ゆっくりと胸の方まで両膝を曲げながら、くっつけるように引き寄せるのを繰り返します。

 

 

無理して胸にくっつけようとして、上半身を変に曲げることなく、出来るだけ背筋は伸ばして行いましょう。

 

 

また、このトレーニング中は、足を床に降ろさないようにします。

 

 

目安:3秒で下げて、3秒で上げる。10回程度

 

 

トレーニングと共に、ストレッチを行うと疲労物質として溜まった乳酸が流れますので、 出来るだけ併せて行いましょう。

 

 

 

■ストレッチ:背中のばし

 

 

ラジオ体操で行う前後屈運動の前屈部分です。

 

 

今回は背中を伸ばすことを目的としていますので、 膝は軽く曲げて行なっても構いません。

 

 

軽く勢いをつけて、ゆっくり5回程度行いましょう。

 

 

今回のメニューは腰が悪いや体の硬い人はあまり無理をして、

 

 

膝を引き寄せない程度にするなどの工夫をして無理なく行いましょう。

 

 

転倒して怪我をしないように気をつけてください。